次は東武春の絵画市に青いリア魂ブースにて

池袋REALISM COMPLEX-CARNIVAL

池袋東武8F催事場

2014年1月30日~2月4日

J-Style 「リアリズムORニアリアリズムOR?」

芸術は面白いだけじゃ・・・つまらない

池袋から始まる青いリア魂

今日に生きる作家の目を通して結晶化する美のリアル

これも一つのリアリズム<J-Style>

[絵画]

丸山勉、岡田博明、廣瀬順子、椿苑、朝森武、港井里佳、山木章、

北川直枝、米村太一、堀川理万子、山形太郎、阿部穰、齋藤将、片桐聖子

[ニューAGE・アート系] 

山本雄教、若佐慎一、こぺんなな、大平由香理

[彫刻] 

儀保克幸、加藤魏山
*メンバーもしくは会場の都合により展示されない作品もある場合があります。

ステートメント

 食に於いては、「見た目」「口当たり」「食感」「のど越し」「後味」、この一連で味わいますが、美に於いても作品を「味わう」には、初見の見た目の面白さや、ブームの口当たりの良さに囚われず、見飽きる事のない作品制作に余念のないメンバーが集結しつつあります。

 

サブタイトルを「リアリズムORニアリアリズムOR」とした展覧会の特徴は、「J-スタイル」の旗の下に、美術の今日を象徴する作家・作品が一同に会する、まさにカルナバル。対象をアカデミックなアプロ-チで表現する「リアリズム」、独自の美意識、感覚表現の際立つ「ニアリアリズム」、自身や時代の「リアル」を新たな表現で模索する「ニューAGE・アート系」、加え個性的な表現の彫刻で構成されます。

 

人気作家や注目作家で構成されるアートフェア系とは一線を画し、新人から中堅、年齢、キャリアもまちまちですが、いずれも地に足を着けじっくりと良い仕事を目指すメンバーで青いリア魂REALISM COMPLEXが池袋に誕生します。

 

キュレーション  丸山 勉